· 

今後のLINE公式アカウントについて

一般的にLINE公式アカウントというと、一斉配信が出来るツールと思う方が多いと思うのですが、それだけでは勿体無いです。
例えば、一斉配信するにしてもリッチメニューを設定しているとイベントやキャンペーンの案内だけでなく、通販サイトやホームページへの誘導も出来たり、クーポン配信で来店や購入に直接働きかけることが出来ます。
また、一斉配信以外にもショップカードを設定することで、新規客をリピーターに繋げることも出来ます。
しかもLINE公式アカウントの様々な機能が月間1,000通までなら無料で利用できるから、使わないと勿体無いですよね。

現在では多くの自治体で自動車税などの税金をLINEで支払えるようになっていますが、今後は生活の一部になっていくので今のうちにLINE公式アカウントを導入していかないと損である理由です。