会社概要

HITOマーケティング

プロデューサー

市川コトイチ

夢や想いこだわりなど、目に見えないbeing(考え方)が本当はなによりも大切です。
目に見える責任や肩書を全うしながら『想いを形にして店舗産業でもファンと仲間になり売上げUPするHITOマーケティング』を提案しています!

《 概要 》

住 所 静岡市葵区瀬名1-33-13
連絡先 050-3591-2613
誕 生 
1962年 富士市生まれ

血液型 AB
家 族 義母、妻、長男、長女
個性心理学「コアラの中のコアラ」
自分が思う自分の性格
・大人しくて義理堅く涙もろい
・いつもニコニコだが感情を出すのが苦手
・人が好きだけどある程度の距離が必要


《提供しているコンテンツ》

HITOマーケティングの提案
・ホームページ各種作成
・ホームページ作成支援
・LINE公式アカウント活用提案
・セルフブランディング
・LINE公式アカウント
・セルフマガジン作成
・電子書籍作成


《資格・所属》

資格
・2級ボイラー技士
・宅地建物取引士
・第一種衛生管理者
・アートセラピーインストラクター講座修了
・ニュートラルベースNLPプラクティショナー修了
所属
・大道芸WC実行委員会
・三島市倫理法人会
・静岡市商工会
・平原綾香FC
・かさこ塾54期
・静岡ボンド塾5期


《趣味》

運動系
・ランニング
・バレーボール
・ボウリング
ネイチャー系
・生き物飼育
 (熱帯魚、昆虫、爬虫類、両生類)
・植物栽培
 (ハーブ、多肉、エアプランツ)
・化石収集
 (国産化石、北海道産アンモナイト)
・鉱物
 (水晶などの結晶系)



《プロフィール》

全く自慢できないプロフィールですが・・・

・地元の工業高校を卒業し医療機器製造の会社に就職。

・10年間工場勤務をしましたが、アルバイトをしていたのを見付かりクビ同然の自主退社。

・建設会社の営業として入社。そこそこ売れていましたが4年目にさぼり癖が付き契約が取れなくなり、5年目でクビ同然の自主退社。

・土木設計事務所に入社しましたが、ワンマン社長にダメ出しされ3か月で退社。

・交通事故調査会社に入社。社長と些細な事で喧嘩して5年目に退社。
 ※生意気ですみませんでしたm(__)m

・宅建を持っていたので不動産仲介会社に入社したが、当時の女性店長と折り合いが悪く5年目で退社。

・地元の総合建設会社に入社、不動産部店長までやらせてもらいましたが上司のパワハラにより体調を崩し12年目に退社。

・2014年に先輩からホームページ提案事業の話を聞き、事業に加盟。
 この事業に関わりマーケティングに強い興味を持つようになり、様々な本を読みながら実践していくうちに、人の魅力を表現することがファン作りに不可欠だということに気付く。

・SNSとホームページをベースとしたWEBマーケテイング、HITOマーケティングを提唱し現在に至る


2018年にセルフマガジンを出版

2018年11月にセルフマガジンを出版

この冊子は8ページの簡単な本ですが、商品の紹介や売り込みが目的ではなく、静岡人の特性や自分自身を紹介することを目的として作成しました。
欲しい方は差し上げますのでご連絡下さい。


2020年に電子書籍を出版

2020年8月kindleにて電子書籍出版
コトイチ流繁盛ガイドブック
-営業経験がないオヤジ起業家のための人生逆転マニュアル-

皆様のお陰で、以下の4部門で売れ筋ランキング1位となりました。
・セールス・営業部門
・ビジネス関連の資格、検定部門
・都市、地域経済学部門
・経済思想、経済学説部門

書籍を読んでみたい方はこちらをクリック



HITOマーケティングに至るまで

「よーし、頑張ろう!」

自己啓発セミナーにて知り合った同郷の先輩と、ある日偶然に出会う。久し振りに会って、先輩が「シーツー株式会社のホームページ提案事業」をしている話しを聞いた。

制作費が非常に安くて上位検索表示も出来るホームページは非常に魅力的で売りやすい、当然にバンバン売れるだろうと確信し即座に代理店になる。
(この少し前に会社を辞める決断をしていたので)

自分は少しだけパソコンを扱える程度でありITは疎いのだけど、この仕事を10年近くやっている先輩は「それらは本社の担当がやってくれるから大丈夫」という言葉を鵜呑みにして営業をすることに・・・

意気揚々と、友人が経営しているお店や会社に行きホームページのプレゼンをしたが「何を言っているのか判らない」「全く伝わらない」と言われて相当凹む。


「中々うまくいかないもんだ・・・」

すっかり自信を無くしたので、対面営業を行うよりもDM営業にしようとセールスライティングの本を読んでチラシを作成。

対面で営業をするのが恐かったので、チラシを持って深夜の商店街に自転車で行き事務所のポストや商店のシャッターの窓にチラシを投げ込む。
1か月以上続けても電話や問合せが全く無いので、他のライティングの本を読んでチラシを作って配布したがやはり反応は無い。

静岡市民はシャイな人が多いので、興味はあっても電話や問合せは出来ないのかもと思って、何度もチラシを配布した商店街へ昼間に行きチラシを読んだ感想を聞いてみたが誰一人としてチラシを見た人はいなかった。
不要なものとしてそのままゴミ箱行きになっていたみたいだ。

DM作戦にはそれなりに期待をしていたので、更に凹む。


「それでも頑張るしかない」

それでも絶対に売れるはずだと確信してました。

原点に戻って
・売上UPしたいはずなのになぜ興味を示さないのか?
・どうしたら伝わるんだろうか?
・言葉以外に伝わるツールはあるだろうか?
とそんなことを考えながらも諦めずに友人へホームページ作成のプレゼンをしていたら、少しずつ契約が取れるようになってきた。

いくつか契約が取れるようになってくると、ホームページを作っていただいたクライアント様が成果が出るようにしないと、と責任を感じるようになった(※最初から感じて下さい)


「どうしたらいいんだろう」焦る・・・

それから、ホームページを作成していただいたクライアント様と会った時には、ホームページのアクセス状況とお問合せや来店などのお客様の反響について聞くようにしていました。
ホームページ作成後から、お問合せや注文が入ってきて嬉しいという人もいましたが、多くのクライアント様はお問合せや注文はほとんど無いということでした。

ホームページを作ってお店の強みや特徴を掲載すれば、普通に検索が上がってお問合せやご注文、来店数が増えるものと思っていたけど、そうじゃないみたいだ。

「どうしたらいいんだろう・・・」

ホームページの契約が取れると、まず制作担当者と電話とメールで打合せを行います。
「必要なデータはこれこれです。〇月〇日までに用意して送って下さい」と言われた通りのデータを送ってホームページを作成していました。
それが普通だと思っていたから・・・


「これじゃあダメだ!」

ある日、ふと思ったんです。
制作担当者は、写真でクライアント様を見ているけれど会ってもないし店舗や会社も見ていない。会っていない制作担当者にも良さが伝わるように私が伝えなければ、と思うようになりました。

そうこうしているうちに次のステップが
どの会社もホームページに強みや特徴は表現しているが、それで本当に伝わっているんだろうか?と思うようになる。

それで過去に作成したホームページを見返す。出来た当時は良く出来ていると思っていたのですが、今見てみると何故か薄っぺらくてクライアント様の体温が伝わってこない!ということに気付いて驚く。

クライアント様にもよるが、すごい情熱を持っていて商品を愛してたり、凄いこだわりを持っていたり、凄い魅力を持っている人だったりするのに、その良さを全く表現できていないことを痛感。
「これじゃあ、お店のファンは増えない!」


「今できることを!」

今できることはなんだろう?

・相手の想いや情熱をしっかりと感じる
・本人に徹底的にヒアリングする
この2点をしっかりやること。
それと、消費者にキチンと伝わるように伝え方も勉強しよう。
クライアント様の想いや情熱、人柄や魅力を少しでも伝わるようにしたい。

結局のところ、ホームページだけでなくパンフレットや名刺などもクライアント様の魅力が伝わらなければ意味が無いんだと感じました。
《これがHITOマーケティングの原点です》


「生涯勉強です」

表現したいのは、クライアント様が持っている夢や情熱、人柄や魅力だけではありません。
不器用でも、お客様のためにと泥臭くも頑張っている姿を見せたい。口数が少なくて不愛想だけど、真摯に仕事に取り組んでいる姿勢を伝えたい。キラキラしている部分だけじゃなく、努力している姿や想いもしっかりと伝えていきたい。

目に見えないものを表現するのに、ここまでやれば充分というものはありません。全く理解できていなかったり見えていなかったり感じていなかったりしている部分がまだまだ沢山あるのだと思います。(なにせ見えないものだから底も見えてないので)

だから、生涯を通じてヒアリングと感じる力、表現する力を磨いていこうと思っています。


市川コトイチに質問・相談がある方はこちら